シミウスに副作用はあるの?シミウスに潜む危険とは?

シミウスはシミの改善に効果が高いと評判のオールインワンジェルです。

 

その効果の高さは93.9%という驚きのリピート率からもうかがえます。

 

しかし、効果が高ければ高いほど、気になるのが副作用です。

 

“高い効果がある=何か危険な成分やキツイ成分が入っているのでは?”と心配になってしまいます。

 

では、シミウスにも副作用の危険はあるのでしょうか?

 

そこで、シミウスの気になる副作用について、検証していきたいと思います。

 

シミウスの購入を迷われている方は、ぜひ参考にして下さい。

 

危険な成分はある?

まず、シミウスに危険な成分が配合されていないかを見ていきましょう。

 

シミウスには、プラセンタエキス、シコンエキス、グリチルリチン酸ジカリウムが配合されています。

 

プラセンタエキス厚生労働省も認める美白成分で、美容整形でも使われる安全な成分です。

 

また、シコンエキスは紫草を原料としており、抗炎症作用や皮膚のターンオーバーを促す作用があるため、シミやくすみを薄くしてくれる効果があります。

 

グリチルリチン酸ジカリウムも抗炎症作用があり、ニキビや肌荒れによる炎症を改善してくれます。

 

これらの成分は安全なため、特に危険な副作用はありません。

 

また、他の成分としてさくら葉抽出液や、甘草エキスなども植物由来の優しい成分なので、敏感肌の方でも安心して使うことができます。

 

では、シミウスには危険な成分は一切入っていないのでしょうか?

添加物による副作用の危険は?

実は、シミウスには防腐剤パラベンが含まれています。

 

無添加をうたう化粧品が多い中、シミウスはあえて防腐剤を配合しているのです。

 

その理由として、美容成分をたくさん配合した化粧品だけに、防腐剤を入れないと、どうしても腐敗や異臭、雑菌などが湧いてしまい、結局安全に使用することができなくなってしまうからです。

 

パラベンは防腐剤の中でも最も毒性が低く、副作用の心配もありません。

 

また、シミウスは医薬部外品として、医学雑誌にその肌改善効果が掲載されました。

 

ですから、たとえ無添加ではなくても、その効果や安全性は信頼できると言えます。

まとめ

以上、シミウスの副作用の危険についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

 

シミウスには特に副作用はなく、危険な成分も入っていないことがお分かり頂けたかと思います。

 

とはいえ、肌質は人それぞれ。お肌の状態によっては、もしかしたら合わない場合もあるかもしれません。

 

シミウスは定期コースを利用することで、定価の20%でお得に購入することができるだけでなく、30日間の返金保証が付いてきます。

 

なんとこの30日間保証は1つ使い切っても対応可能で、解約金などもありません。

 

ですから、敏感肌の方でも、安心してシミウスをお試しできるのです。

 

シミウスの公式通販サイトでは、この定期お試しコースについて、さらに詳しく紹介されています。

 

また、成分や効果についても詳しく説明されており、使い方なども丁寧に解説されています。

 

敏感肌でシミケアを諦めていた方は、一度試してみてはいかがでしょうか?

 

>>シミウス(ホワイトニングリフトケアジェル)の詳細はコチラから